静まる ホーム > 小林木工所 富士ひのき製品 > 富士ひのき製SDGsバッジ

富士ひのき製SDGsバッジ

『富士市×SDGsバッジで広めるプロジェクト』

富士山の麓の森を守るためには、適切に間伐し管理する必要があります。
木はいずれ自然に戻ります。
森を適切に管理し、伐採し、消費することが、森の循環を守ることになるのです。

弊社では、持続可能な森林管理のために富士ひのきの間伐材や端材を利用し、木工職人がひとつひとつ手作業でSDGsバッジを仕上げております。

SDGsへの取り組みを、木の温もりのある富士ひのきバッジで決意表明することからはじめてみてはいかがでしょう。

※一度に大量のご注文をご検討の場合は下記商品の問い合わせよりご連絡ください。

※ご大変ご好評につき品薄の状態になっております。  在庫がない場合はお届けまでお時間をいただく可能性がございますが、ご了承ください。
原材料名富士ひのき
  • 標準価格(税抜):OPEN価格
  • 販売価格(税抜):¥800¥880(税込)

ご注文から出荷までの目安:通常30日

数量:  個

SDGsバッジで広めるプロジェクト

SDGsを身近なものに感じてもらうため、地場産品である富士ヒノキで富士市オリジナルのピンバッジを製作し、販売することといたしました。
このプロジェクトは、ピンバッジの製作、包装、販売、PRを多くの市内事業者のご協力により行うなど、官民協働のパートナーシップで実現しました。

SDGs(持続可能な開発目標)の達成

富士市は、2015年に国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて取り組みます。

SDGs(エスディージーズ)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するために17のゴールと169のターゲットで構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」社会の実現を目指し、経済・社会・環境の三側面から統合的に取り組むものです。
過去に、官民が協力して公害を克服し、産業都市として発展を遂げてきた歴史を持つ本市は、今後も持続可能なまちづくりを推進していくため、SDGsの達成に向けて取り組んでいきます。

バッジが達成するSDGsのゴール

富士山の麓、富士ヒノキの森林は地下水を育み、生物の多様性を支えています。
このバッジは、建物に使われる建材の端材を余すことなく使い、木工所にて手作業で仕上げます。
完成品をみんなで封入し、みなさんのもとにお届けします。
SDGsの17のゴールのうち、次のゴールの達成に寄与する取組として実施しています。
「6 安全な水とトイレを世界中に」「8 働きがいも 経済成長も」
「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」「12 つくる責任 つかう責任」
「15 陸の豊かさも守ろう」「17 パートナーシップで目標を達成しよう」